消費者金融 支払督促

消費者金融との減額交渉の相場は?

消費者金融からの借金を放置していて支払督促が届くと一括返済を迫られるので、返済しようにもお金がない方は非常に困るはずです。

 

しかし消費者金融と交渉して減額をすることが可能ですから、異議申立をした後に直接交渉を行いましょう

 

支払督促が届いた後の減額交渉と相場

 

支払督促督促異議申し立てをすると通常通常起訴に移行するので、そこで和解で解決するという方法もありますが、消費者金融と直接交渉してその後支払督促を取り下げてもらうことも可能です

 

その後は消費者金融側と債務者側は直接話し合って、今後の借金の返済額やその方法を決めるという任意整理と同じような形で処理していくことになります。

 

その場合の減額交渉で、具体的にどのくらい借金や利息、損害金の額を減らすことができるのかご説明します。

 

例えば現在36万円の借金を負っていて、それに利息や損害金が発生している場合、まず交渉によって利息や損害金を全額カットできることが多いです

 

また元金は基本的に減額することは困難なので分割払いをして対応することになりますが、分割払いの期間は任意整理と同じ、3年の間であれば認めてくれることが多いです

 

今回の場合であれば3年間で1万円ずつ返済する。1年半で2万円ずつ返済するような条件が考えられます。

 

減額交渉は法律の専門家に任せましょう

 

支払督促が届いた後の減額交渉は自分で行うことは理論的には可能です。

 

ただし、消費者金融側は交渉になれていますし、一般の人はあまり相手にしない傾向がある為自分で交渉を試みても満足いく結果を得ることは難しいのが実情です。

 

減額交渉は債務整理専門の弁護士など法律の専門家に任せましょう。

 

弁護士に依頼すれば費用はかかってしまいますが高くは無いですし、自分に有利な条件で話をまとめてくれるのでトータル的に考えると十分メリットがあります。

 

一度無料相談の窓口に電話してみると良いでしょう。

 

※24時間年中無休で無料メール相談できます

 

※今すぐ借金問題専門の弁護士に無料メール相談する

 

※電話でも24時間年中無休で無料相談できます

 

※今すぐ借金問題専門の弁護士に電話で無料相談する

 

支払督促状Helpのトップページへ