身に覚えのない借金 支払督促

身に覚えのない借金で支払督促状が届いたら?

借金の覚えが無いのに突然、支払督促状が届いたら何事だと驚いてしまいますよね。

 

普通は法的な文言が書かれた文書になじみがないので、いきなりこのような文章を見ると何かされてしまうのかと不安に感じてしまうものです。

 

支払督促状が届いた場合でも本物もあれば偽物もあります。

 

偽物の場合は詐欺ですので、騙されないように判別の仕方をしっかりと理解しておいたほうがいいでしょう。

 

メールで支払督促状が送られた場合は100%詐欺です

 

身に覚えのない借金での支払督促状が送られてくる場合、一番多いのがメールです。

 

債権回収会社と名乗る業者から法的手続きをとる旨のメールがいきなり送られてきますが、本物の支払督促状は裁判所からはがきで送られてくるので100%偽物です。

 

また詐欺業者が支払督促状を偽造して送ってくることもありますが、内容を確認して裁判所名が無い場合も偽物です。

 

その際、はがきの一番上のところに事件番号が書かれているはずですが、この番号がない場合も本物ではないと判別することが可能です。

 

※裁判所名や事件番号がある場合で内容が少し胡散臭ければ、裁判所に電話をして確認してみるのもいいでしょう。

 

裁判所が書類を送付する場合は特別送達という方法で送るので、これ以外の方法で送られてきた場合も偽物であると判断していいでしょう。

 

裁判所に申立てをする詐欺も存在します

 

上記で述べた偽物の支払督促は詐欺をしようとしている業者が直接送ってくるというパターンですが、ここ最近は借金をでっちあげて裁判所に支払督促の申立てをして、それが受理されて送られてくるというケースもあります。

 

このような場合は、借金が実際にはなくても裁判所を通じて正式に支払督促として発送されたものなので、無視してしまうと手続きが進んでしまい、裁判で敗訴が確定して、強制執行を受けてしまうことになります。

 

そのためすぐに支払督促状と一緒に送られてきた異議申立書に必要事項を記入して督促異議を申し立てて対処することになります。

 

そして法的な手続きを一般の人が一人でするのはなかなか難しいので、すぐに弁護士に無料相談をして対応するのがいいでしょう。

 

※24時間年中無休で無料メール相談できます

 

※今すぐ借金問題専門の弁護士に無料メール相談する

 

※電話でも24時間年中無休で無料相談できます

 

※今すぐ借金問題専門の弁護士に電話で無料相談する

 

支払督促状Helpのトップページへ